2021.07.01お知らせ

新総料理長 就任のお知らせ

加茂 健 (Takeshi Kamo)

東京銀座「レカン」、六本木「ヴァンサン」にて城悦夫シェフよりフレンチの基礎を学ぶ。29歳で渡仏後スイス・フランス語圏へ渡り、ローザンヌ近郊 ジャン・ミッシェル・コランが経営する「オーベルジュ・ソレイユ」を皮切りに「ホテル・ドゥ・ヴィル」、「ホテル・ロザルプ」などを経て、ジュネーブ「マンダリン・オリエンタル・ホテル・ドゥ・ローヌ」でMOFのフランク・フェリグチ氏に師事。2008年よりカンボジア、プノンペンで王族が経営する「ラ・レジデンス」総料理長として勤務。2018年には、フランス共和国より農事功労章シュヴァリエを受勲。2021年7月より、長崎雲仙観光ホテル総料理長。

 

このたび、雲仙観光ホテル総料理長に就任致しました、加茂 健と申します。
20年間余り、欧州(スイス)、東南アジアのホテル、レストランにてフランス料理に従事してまいりました。カンボジア王国に於いては、現国王、そしてカンボジア国民から『国父』と敬愛される故シアヌーク前国王より、長きに渡り料理献呈の栄誉を賜りました。ここ長崎は豊かな自然に恵まれた山海食の宝庫。地元食材、クラシックホテル継承文化を大切にしながら、これまでの経験を活かし、一意専心、皆様の御心に届く唯一無二の料理を、ホテルチーム一丸となり創って参る所存でございます。
両親共に九州出身、母は長崎の出身です。ご縁に導かれ親しみあるこの地『長崎』で、更なるフランス料理道を描いていくことを大変嬉しく思っております。
皆様どうぞよろしくお願い申し上げます。